三浦春馬さんのために 私達ができること

2020年7月18日、俳優の三浦春馬さんが急逝されました。

春馬さんを知る人誰もが「真面目で誠実、人一倍責任感が強く、他人に迷惑をかける事を嫌う人」と言います。その彼がドラマ撮影中にいなくなったら、共演者やスタッフにどれほどの迷惑をかけてしまうのか…分からないはずはないですよね?それなのに、「申し訳ない」との言葉さえも誰にも残さず、身勝手に自死するってありえるのでしょうか?

勿論、自死である可能性も否定はできませんが「簡単に自死判断されてしまう日本の現状」は、本当に恐ろしいと感じます。日本と海外の「死因究明制度・報道」はここまで違います。

日本の警察&メディアは…
・短時間の捜査で、検死や薬毒物検査もせず断定
・「何を捜査し、何を検査をし、なぜ自死判断したのか?」非公開
・「三田署」と所轄が発表されるだけで、責任の所在が曖昧
・初動捜査段階の警察からの中途半端な情報を報道して終了
・報道内容がバラバラ
・捜査してない週刊誌が、遺書ではなかったのに「遺書公開」と作り話
・「関係者・友人」と記するだけで、信憑性が不確かな報道

海外(アメリカ・イギリス)の警察&メディアは…
・2ヶ月以上の時間をかけ、司法解剖や薬毒物検査までして断定
・「何を捜査し、
何を検査をし、なぜ自死判断したのか?」記者会見で説明
・担当した警察官や検視官など個人名が発表され、責任の所在が明白
・警察発表の通り、各メディア統一性のある正確な内容で報道
・「関係者・
友人」ではなく、実名で「誰が、何を語ったのか」を掲載

同じ「人の命」なのに、なぜ、ここまで違うのでしょうか?

日本も現在の死因究明制度や報道の質を見直し、アメリカやイギリスの基準で「人の死」を扱うよう改革するべきだと強く強く思います。

このサイトでは、春馬さんの死に関する不可解な点を綴ってますが、「陰謀論」は信奉していません。一つの仮説に囚われることなく、色々な角度から検証・考察しています。同時に、「デマ・勘違い・考えすぎ・記憶違い・誤報」などの情報もまとめています。

2025-09-23(Tue)
 

【気になるコト4】遺書がないと「自殺」にならない!?…に隠された警察のトリック


気になるコト1-3 株式会社VITA公式YouTubeチャンネル

株式会社VITA」は、大阪を拠点に、主に「消防設備点検/施工・生存確認システム」などを取り扱う、顧客の「安全」と「発信」をサポートする会社。

代表を務めるのは「兼平 豪」氏。「災害は防げる」を日本中に広めるために現役消防士をお辞めになり、独立。消防、自衛隊などが活躍しないような日本にしたい!日本災害弱者である子供、妊婦、障がい者、外国人、高齢者を災害から守り、安心安全を提供したい!…という熱い思いを胸に、「VITA」を創業されたそうです。

気になるコト1-1 株式会社VITA


その「株式会社VITA」が運営する公式YouTubeチャンネル「RESCUE HOUSE レスキューハウス」は、概要欄にあるように、「全員が元消防士」だそうで、消防士ならではの目線で、様々な災害現場のリアルを伝えて下さっているのですが、その中でも話題になった動画があります。

続きを読む>>

2022-01-15(Sat)
 

神田沙也加さん死去 「いろいろな疑問」の考察


神田沙也加さん死去


2021年が終わり、2022年が始まりましたが、私にとっては今年も「明けましておめでとうございます」なんて絶対に言えない心境で、家族にも友人にも、毎年当たり前のようにして来た新年の挨拶もしていません。

相変わらず私の時間は、2020年7月18日で止まってしまった状態。去年書いたブログ記事「光を失った2021年」からまったく変わっていません。

春馬さんと親友だった江幡兄弟も、師弟関係だった楠見彰太郎さんも、ボイストレーニングだけでなく、プライベートでも交流があった斉藤かおる先生も、皆さん前進しているのに、遺族でもなく、春馬さんと会ったこともない私なんかが喪に服して暮らしているなんて。。お恥ずかしい話なのですが。。

春馬さんがいなくなってしまったこの世界で生きていかなければならない絶望感。私なんかが、のうのうと生き延びている罪悪感。そういった「現実」をなかなか簡単には受け入れることができず... まだまだこんなしがないブログを書き続けております。お付き合い下さっている皆さま、本当にありがとうございます。


さて、去年の暮に突如として飛び込んできた神田沙也加さんのニュース。SNS界では今だに騒ぎが治まらず、春馬さんの時と同様、いろいろな「疑問」や「デマ」が飛び交っています。今回は、そんな「気になったコト」を考察しました。



続きを読む>>

2022-01-06(Thu)
 

『FNN Live News days』ニュース速報 なかった!『創』編集長が訂正謝罪


20211109 創 「キンキーブーツ」3度目の上演発表の衝撃が広がる春友さんたちの様々な取り組み

まだ記憶に新しい「フジテレビの『FNN Live News days』でニュース速報を見た」…という『創』12月号に掲載された投稿。

7月18日午前中速報見た11-1


続きを読む>>

2021-12-31(Fri)
 

日刊スポーツ映画大賞「ファンが選ぶ最高演技賞・最高作品賞」発表!


日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞「ファンが選ぶ最高作品賞」

つい先日、2度目の中間発表でついに1位になったものの「油断大敵ですよ~!」と呼びかけていた日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞「ファンが選ぶ最高演技賞・最高作品賞」ですが…

待ちに待った結果が12月27日に発表!!
どうなることか…
とハラハラドキドキしてましたが、首位をキープできたのですね!



三浦春馬さん・『天外者』

が選ばれました!




三浦春馬さん & 田中光敏監督
\\おめでとうございます//

続きを読む>>

2021-12-29(Wed)
 

神田沙也加さん死去 改めて判る「三浦春馬さんとの明白な違い」


神田沙也加さん死去


各メディアが流す追悼映像。そこには、赤ちゃんだった沙也加さんを腕に抱き退院する、若き日の聖子さんが。隣には沙也加さんの頭を優しくなでて、目を細める神田さん。まさに幸せオーラに包まれた3人です。

それから35年後。久しぶりに見る3人揃った家族の姿が、こんな形になるなんて。誰がこんな悲劇、想像できたでしょうか。

聖子さんと神田さんが、沙也加さんのお骨を抱えて深々とお辞儀をする姿は、同じ母親として見ていて本当に本当に辛いものがありました。親にとって、最愛の子供を天国に送るほど悲しいことはないですよね。


さて、先日書かせていただきました、神田沙也加さん死去 改めて見える「警察・メディア」の問題点 について、続報を確認していると、完全に間違っている箇所があったため訂正をさせていただこうと、この記事を書き始めたのですが…書いているうちに、ふと脳裏に浮かんでしまうことが。

勿論、沙也加さんとは一切の関係はないのだろうということは重々承知してはいます。ですが、「芸能人の不審死」と聞くと、どうしても真っ先に三浦春馬さんの場合とあれやこれやと比較をしてしまう自分がいるんですよね。

で、その「ふと脳裏に浮かんでしまったコト」というのは、「警察・メディア」の対応の明らかな「違い」なんです。ちょっと整理してみますね。


続きを読む>>

2021-12-28(Tue)
 

神田沙也加さん死去 改めて見える「警察・メディア」の問題点


神田沙也加さん死去

今年も残すところあと2週間弱。まだまだクリスマスも正月も、普通に楽しく過ごす気持ちにはなれないものの、立て続けに芸能人の訃報が続き、かなりメンタルをやられてしまった去年2020年に比べ、今年はなんとか落ち着いて年末年始を迎えられると思いきや。。本当に悲しいニュースが入ってきてしまいましたね。

女優・歌手の神田沙也加さんが、亡くなられたとのこと。

神田沙也加さん死去 5


Yahooニュースを開いて、最初にこの一報を見た瞬間、私は「神田沙也加さんって、あの神田沙也加さん!?」と、春馬さんの時と同様、あまりにもショックで、すぐには誰だか理解が追いつかないほどでした。

続きを読む>>

2021-12-19(Sun)
 
プロフィール

Tampopo

Author:Tampopo

春馬君

貴方の最期を考えれば考えるほど
恐ろしい闇が見えてくる

・ブロードウェイデビュー
・結婚してパパになる
・大河ドラマ主演
・紅白の審査員

いろいろ未来を語ってたよね

本当に夢を叶えて
幸せになって欲しかった

助けてあげられなくて
本当にごめんなさい

貴方が闘ってきた恐怖
ぜんぜん知らなくて
本当にごめんなさい

貴方のために
残された私達は
何ができる?

貴方の無念を
どうしたら
晴らしてあげられるの?



※リンクフリーです!

※不足情報、誤報などございましたら、コメント欄にて教えて下さい

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
Spring Horses
現在の閲覧者数: