江幡睦さん「親友に綴る想い」


20210722 江幡睦さん「RISE 7月18日試合結果振り返り・親友に綴る想い」

春馬さんの親友である 江幡睦さんが「RISE 7/18試合結果振り返り / 親友に綴る想い」と題した動画をアップされ、「あの日」と「あの日」からの一年について、語って下さいましたね。




「あの日」春馬さんの訃報を聞いた睦さんは、信じられなくて、辛くて、考えることができない日々が続き、立ちあがることさえもできない状態だったそうです。

睦さんが感じた衝撃や悲しみは、私達ファンのなんか比べ物にならないほど深かったでしょう。


それなのに、ファンの中にはいまだに江幡兄弟に対しても不信感を持ってる人達もいて…

・何か知ってるのでは?
・あなたもグルなんじゃない?
・本当は春馬さん生きてるのに隠してるでしょ?
・7月18日を繰り返し言って、強調してるみたいで怪しいよね?

などなど。。。ツイをしてる人達もいますよね。
ご本人が見てしまったとしたら、どんな気持ちになるでしょう。

私はドス黒い心を持っているので、そう簡単には人を信じませんが、そんな私でさえも、さすがに春馬さんの親友の江幡兄弟に対して「グルなんでしょ」とは思えないなぁ。。


ただ、この方の言葉にはちょっと考えさせられました。

20210722 江幡睦さん「RISE 7月18日試合結果振り返り・親友に綴る想い」1

確かに、「春馬さんを助けられなかった」という無念さは、語っておられなかったですよね。不思議と言えば不思議かも。


助けてあげられなくて 
本当にごめんなさい 

貴方が闘ってきた恐怖 
ぜんぜん知らなくて 
本当にごめんなさい

こんな風に私はトップページに書いてますが、現実には「いちファン」にしか過ぎない私なんかが助けられるわけないですよね。それは重々承知しています。でも…睦さんは春馬さんと子供の頃からの長い付き合いがある親友。お互いの夢語って切磋琢磨して頑張ってきた仲。一緒に旅行までいっちゃう仲。

助けてあげられなくて、気が付いてあげられなくて、本当にごめん」と、もっとリアルに罪悪感に苛まれてこられた一年だったのではないかなぁ。。と想像するのですが、動画ではそんな言葉がなく、そこは気になるところです。

でも…あんな短い動画の中で言葉がなかったからといって、「親友を助けられなかった罪悪感がない」とは言えないかな。。とも思います。

それに、「親友の死」をどのように捉えるか…は、人それぞれ。睦さんはアスリートなので、最初は罪悪感に打ちのめされた心が、1年という歳月をかけて、徐々に「悲しみをパワーに変えて、絶望から這い上がり、親友と約束し合った夢に向かって挑戦を続けなければならない」と、「親友の死」をできる限りポジティブな視点で見るように脳内変換した結果、罪悪感をなんとか心の底に押さえつけているのかもしれません。

逆に、私は、ひたすら感じても仕方ない「春馬さんを助けられなかった罪悪感」や、「春馬さんがいない世界に生き続けている罪悪感」からいつまで経っても自分を解放できないからこそ、睦さんのようには前に進めないのでしょう。私のような「グダグダグダグダグダグダ。。考え込んでしまうタイプ」は、アスリートには不向きですね。



「もしも反対の立場で、睦さんの方が亡くなったとしたら、
春馬さんもきっと自分と同じように、前進し続けているだろう」

睦さんのこの言葉も考えさせられました。うーん、春馬さんだったら…そうなのかなぁ。。違うようにも思えるんだけど。。。親友がそう言うなら、そうなのかなぁ。。。



そして、もう一人。春馬さんがいなくなってしまった世界を嘆き悲しんでるファンのために、春馬さんのエピソードを語り、優しい言葉で癒して下さってる方が。

春馬さんのボイトレの先生も、睦さんの動画を紹介して、エールを送ってらっしゃいますね。

20210723 ボイトレ先生「江幡睦さん動画紹介」



江幡睦さんも、斉藤かおる先生も、身近な人を亡くされたのに、明日に向かって今をちゃんと生きてらっしゃる。それなのに、春馬さんに一度も会ったこともない、単なるファンの一人にすぎない私が「あの日」から時が止まったままって。。

なんちゅー情けなさ・・


関連記事
2021-07-27(Tue)
 

コメントの投稿

初めてコメントさせていただきます。いつも、記事を興味深く読ませていただいております。そしてブログ主様の客観的事実に基づいた検証に感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。
私もあの日から、春馬さんの報道には何故か違和感を感じて、本当に自ら選んだ結果だったのか、という思いで今に至っています。
静かに偲びつつ春馬さんの作品を愛でていくには、自分の中でこれは春馬さんが選んだ事だと納得できるまでは無理だという事も自覚しています。追求派以外のファンは、憶測で騒がず静かに偲ぶべき、とよく言いますが、私には春馬さんが選んだ事、というのも憶測でしかないのでは、と思っています。ブログ主様の記事で警察の腐敗、結果ありきの捜査がされている現実に愕然としましたし、事務所のツイート数などの客観的な比較結果にも唖然としました。

ただここにきて、また新たな思いが生まれてきているのです。
江幡睦さんのコメント、かおる先生の記事についてです。私もブログ主様と同じで彼らは本当に春馬さんと親しく、近しい方々だと思っています。
そのような彼らが発する言葉を聞き、また読む限り、彼らが春馬さんの自死を疑っている様子は皆無なのです。彼らに悲しみはあっても、怒りは無いように感じるのです。もし彼ら自身もただの1ファンである私が感じてるような不信感や違和感を感じているなら、もしくはその不信感や違和感の原因を直接知っているのなら、怒りは隠せないのではと思うのです。あくまでも私の感覚ですが。彼らが春馬さんの死を納得して前に進もうとしているのなら、私もそうすべきなのかもしれないと。
ブログ主様はそのあたりどのように感じられていますか?個人的で不躾な質問で申し訳ありません。もしよろしければ、お返事いただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。
2021-07-28 20:35 | Carrot cake | URL   [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Carrot cakeさま

いつも私のブログを御覧いただきまして、ありがとうございます。

確かに、江幡睦さんの今回のコメントからは、春馬さんの自死を疑っている様子はあまり感じないですよね。でも、あんな短い動画の中だけでは判断できないですよ。動画は結構編集されていますし、周囲からの批判をあびてしまうかもしれない部分は全部カットしている可能性もありますよね。斉藤かおる先生にしても然り。春馬さんと近かった人達だからこそ、感情をむき出しにした無責任なコメントはできないのは当たり前。怒りの感情があったとしても、それをそのままネットに流しても、「自死でなかった確固たる証拠を提示しない限り」叩かれるだけで終わってしまうでしょう。自分達の社会的立場を考えたら、過激な発言はできないのは理解できますし、発言がないからといって、そういう感情がまったくないとも限りません。現に私は、かおる先生に関しては、「春馬さんの自死を疑っている様子は皆無」とは思えないんですよね。

私は、「春馬さんの死を納得して前に進もうとしている」というよりは、「春馬さんの死を納得しているわけではない。でも、自分達は生きていて、時間は前にしか進まない。だから、前に進むしかない。」といった感じなのではないかなぁ。。と思いますよ。

私個人としては、春馬さんの死は、決して春馬さんだけの問題ではないと感じています。春馬さんの死を通して見えてきた日本の警察の怠慢や腐敗、三権分立してない現状、統治機構の一部と化したメディア、検死制度の不備などなど。。。といった社会問題を変えていくきっかけになっているとは思うのですが、やはり大部分の日本人はあまり熟考する人がいないですね。春馬さんの死は芸能人の死と早々と決めつけ、無関心。(春馬さんのことだけでなく、日頃から、いろいろな問題に関して、日本人って無関心な人達が多いですよね)春馬さんのファンも、自死を疑わないことで苦しみから逃れようとしているような気もします。感じ方は人それぞれなので、どちらが正しいとか間違っているとかの問題ではないですが。

なので、前には進むしかないけれど、かといって「春馬さんのこの事件をこのまま終了してはいけない」という強い自分がいます。春馬さんは声を上げたくても、もう二度と声を上げることができないのですから。
2021-07-29 04:07 | Tampopo | URL   [ 編集 ]

Tampopo様
ご丁寧なお返事をいただき、ありがとうございます。何度も読み返しました。結果、Tampopo様のおっしゃっていることに心から同意している自分がいました。“自死を認めることで苦しみから逃れようとしている”、Tampopo様のおっしゃる通り、私自身も、春馬さんのプライベートを起因とした自死であると認められればずっと楽になれるのに、と思ってきました。でもやはりそれはまだできないと改めて気づきました。

確かに、本来なら社会事件として取り上げられてもおかしくない事例なのに、そのような視点で見ようとする流れにならないことに対し歯痒い思いです。これは日本のマスコミの印象操作によるところが大きいように思います。私もTampopo様と同じように海外にいるのですが、春馬さんの事件をきっかけに日本の報道機関がまともに機能していない事実に気づきました。報道自由度ランキングも酷い順位でしたね。まるで知らずにマスコミからの情報を鵜呑みにしてきた自分が恥ずかしいの同時に、日本という国の見方すら変えられてしまいました。
国内にいるファンについては、映画の追加上映をはじめ、地上波以外で作品が多く見られるという現状を鑑みると、作品を愛でることで事件という暗い部分から目を背ける機会が多くあるとも言えると思います。
私自身は、作品に触れる機会が少ない分、春馬さんの俳優としての部分よりも、人としての部分により魅力を感じるのです。そしてそんな人格者であった春馬さんを苦しめる具体的な何か、人や組織が実際にあったのなら、一体その目的と動機は何なのか、そこでいつも堂々巡りしてしまいます。反日勢力、反社会的組織、その辺りの闇と関係があるのか。まるでわかりません。

かおる先生に関しては、言われてみれば確かに、自死を疑っている様子が皆無ではないように思いました。以前、プラチナディスクの申請の際に春友さん達の再三による働きかけにもなかなか応じなかった事務所がついに申請に動いた時、確か「闘わずに済んで良かった」というコメントをしていたと思います。事務所に対して、何かあれば闘う準備はある、と案に匂わせている気もします。

春馬さんの訃報は、あの日の確か翌日、日本にいる両親とFaceTimeで話しているときに、そう言えば、と言った感じで告げられて知りました。ファンというわけではなかったのに、物凄い衝撃にパニックになり、なにがあったのか知りたくてYahooニュースに上がっているニュースを片っ端から読みました。その中に確かに防犯カメラに映っている男の写真と、事件も踏まえて捜査中というような記事があったと記憶しています。が、しかし。いつもTampopo様がおっしゃっているように、証拠がなくてはなにもならないんですよね。未だにひとつも有力な証拠が出てこないことも不思議でなりません。

あとひとつずっと気になっているのは、ウロボロスの猿渡慶太です。これは紛れもない事実ですよね?それなのに、あまりこの情報は拡散されていないように感じるのも不思議です。事実だけど、イジメの証拠になり得るほどのものでは無い、のでしょうか。私には偶然と言い逃れできないような珍しい名前であると思います。そこに悪意を感じてしまいます。

最後まで取り留めもない文章の羅列になってしまい、さらに長文で申し訳ありません。
今後もTampopo様の記事を応援していきたいと思っています。そちらでのコロナの状況はわかりませんが、こんなご時世、どうぞご自愛ください。
2021-07-31 00:18 | Carrot cake | URL   [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Carrot cakeさん

こんにちは。いつもならコメントいただくとメールで知らせてもらえるのですが、なぜか最近キチンと作動せず、気が付きませんでした。お返事が遅くなり申し訳ありません。Carrot cakeさんも海外にお住まいなんですね!それだと、日本という国を外から見られる分、海外と比べられる分、日本の現状がよりよく見えるのではないでしょうか。今に始まったことではないと知ってはいたものの、改めて調べてみると、メディアは勿論のこと、警察も、検察も、司法も、政治や官僚も、何もかもキチンと機能していないので愕然となります。それなのに、多くの日本国民は気が付いていない。あるいは、「そんなもんだ」とあきらめてしまっているんですよね。私が家族や友達に話をしても、皆、キョトンとつまらなそうに聞いているだけ。そんな話より、もっとオシャレのこととか楽しいことを話そうよ~!ってなっちゃう。投票なんか、「分からないし、面倒だから行かな~い。」ですもんね。はぁ。。これでは、良い国にしよう…夢のまた夢ですよね。

春馬さんの件も同じ。「死」なんて、楽しい話題じゃないですもんね。Carrot cakeさんが仰る通り、メディアに大きく影響を受けていますよね。日本人は報道されれは「真実」と思い込んでしまういますから。「自死を認めることで苦しみから逃れようとしている」と書きましたが、私の周囲を見ていると、そもそも「何かに疑問を持って、とことん追及していく」ってことをしない人が多いんですよ。それに、春馬さんについては、「自殺でも他殺でも、死んでしまった者は帰らないから考えても仕方ない」と、放棄してて。。私もそうできればいいんですけどねぇ。。どうしてもできなくて、1年経ってもいつまでもグダグダグダグダ考えております。

そうそう。かおる先生、プラチナディスクの申請の際に意味深発言してましたよね。あの発言はただ事ではないと感じました。ウロボロスの猿渡慶太も、結構珍しい名前だからこそ、気になりますが、骸骨などの小物も、「END」を強調する洋服の見せ方も、ガスライティングという確固たる証拠にはならないので、残念ながら、立証するのは難しいでしょう。関係者の内部告発があれば別ですが。

えー!?Carrot cakeさんも防犯カメラに映っている男の写真を御覧になったのですか???今、それを検証する作業をしているのですが、「見た」という人が大勢いるのに、物証が出てこない。本当に不思議でなりません。

こちらもコロナ、なかなか収束しませんよ。ワクチンでようやく新感染者が少なくなったと、いろいろなルールを緩和した途端に、またバーッと増えちゃって。。いつになったら終わるんですかねぇ。。どうか、Carrot cakeさんもご自愛くださいね。
2021-08-03 13:31 | Tampopo | URL   [ 編集 ]

少し前にお返事いただいていたのに、ここ数日なかなかまとまった時間が取れず、ご連絡遅くなり申し訳ありません。

最近もまた、太陽の子の公開があったり松永一哉さんの件があったりと、春馬さんに関わる話題がネット上にもたくさんありますね。
Tampopo様同様、私もまだ毎日毎日グダグダと未だに春馬さんの事を考え続けている一人です。一日の中で春馬さんを考えている時間の割合、かなり高いです。(涙)
そして、本当に日本人は物事を深く考えて自分の意見を持つ、ということをしない国民性ですよね。良くも悪くも素直で、人を疑わずすぐに信じる。(だからマスコミの報道をすぐに鵜呑みにしてしまうのでしょう)
現在ある資格を取るため勉強中なのですが、先日Cross-cultural communication という項目で、困難な状況下にある時、それに立ち向かって克服しようとする文化と、その困難な状況を受け入れて認める文化の両方がある、という記述を見ました。日本は割と後者に近いかもしれないと思いました。春馬さんの死に対して、自殺でも他殺でも、死んでしまった者は帰らないから考えても仕方ない、という思考になるのはそういった文化背景もあるのかな、なんて思った次第です。でも諦めたくないですよね、自分の中に疑問がある限りは。残念ながら私の周りに春馬さんの事を始め、日本の危機的状況(あえてそう言います)を考えている人は皆無で、Tampopo様にお返事いただけて嬉しくてつい話が長くなってしまい申し訳ありません。

防犯カメラの男について検証なさっている最中との事、本当にいつも尊敬でしかありません。私も見たのは間違いないのですが、スクショなど思いもつかず、今となっては悔しくて仕方ないです。私の記憶の話をしてもなんの参考にもならないとは思ったのですが、少しだけお話しさせてください。
確か私がその記事を見たのは、7月19日か20日だったと思います。両親に春馬さんの自死のニュースを知らされ、半ばパニックで必死にYahooニュースを片っ端から漁って見ていた時だったので。その男の写真付き記事を見た時は、えー?事件の可能性もあるの?まさかね。くらいにしか思わず(自死と信じきっていたので)、もしその可能性があるなら続報があるだろうと思っていました。
全く要らない情報だったかもしれませんね、すみません。
ただ自分のこの経験から、18日午前中に速報を見た、という情報を無下に否定できないと思っています。
何かがおかしい、普通ではない、私の第六感がそう訴えてきて、他大多数の日本人のように、すぐに納得できないのです。逆説的に考えたら、だからこそ海外のいるのかもしれませんね。日本は好きですが、私はもう住めません。
また長くなりました。
読んでいただきありがとうございました。
2021-08-10 20:21 | Carrot cake | URL   [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Carrot cakeさま

こんにちは。お返事ありがとうございます。でも…お返事は、そんなにお気を遣わずに。気が向けば、時間があれば…でいいので。

Cross-cultural communicationという分野、なかなか面白いですね。確かに、日本の場合、「困難な状況下にある時、それに立ち向かって克服しようとする(世の中を変えていこうとする)」のは、ごくごく少数で、大多数は、「その困難な状況を受け入れて認める(というか諦める」って感じですよね。「全額、福祉のために使います!」と公約して増税しておきながら、後に、自民党は「殆ど福祉に使ってなかった」と発覚しても、日本は暴動さえ起らない。信じられないですよ。どこまで大人しいんだ!?って。

防犯カメラの件、Carrot cakeの場合は、18日じゃなく、19日か20日だったのですね。今までいろいろな人達に尋ねましたが、皆さん18日と仰っていたので、19日か20日は新情報です。でも、私が検証しているのは、あくまでも関東圏内の地上波放送番組のみなので、Yahooニュースではないんですよね。ネットニュースは、一度消えてしまったらもう検証は無理ですから。。。

私も、同じです。日本は食べ物美味しいし、友達沢山いるので好きですけど、ずーっとは住めません。(^^ゞ
2021-08-14 04:00 | Tampopo | URL   [ 編集 ]

プロフィール

Tampopo

Author:Tampopo

春馬君

貴方の最期を考えれば考えるほど
恐ろしい闇が見えてくる

・ブロードウェイデビュー
・結婚してパパになる
・大河ドラマ主演
・紅白の審査員

いろいろ未来を語ってたよね

本当に夢を叶えて
幸せになって欲しかった

助けてあげられなくて
本当にごめんなさい

貴方が闘ってきた恐怖
ぜんぜん知らなくて
本当にごめんなさい

貴方のために
残された私達は
何ができる?

貴方の無念を
どうしたら
晴らしてあげられるの?



※リンクフリーです!

※不足情報、誤報などございましたら、コメント欄にて教えて下さい

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
Spring Horses
現在の閲覧者数: